看護専門学校で看護師資格取得

高校在学中に看護師という仕事を知り、卒業後は看護師を目指したいと思っている方は看護専門学校を選択するケースも多いです。 3年間学ぶ形となるのですが、卒業時には看護師国家試験受験資格を受験して合格することによって看護師資格を得ることができます。

看護師を目指している方はたくさんいるのですが、その多くの方が看護専門学校を卒業して看護師として活躍しているので、最も一般的な進路だといえるでしょう。

看護専門学校での事業内容は、3分の1が実習になります。 そのため、いざ看護師として働き始めた際にもすぐに役立つ技術や知識を学ぶことができるのです。

看護専門学校を卒業している看護師は実践力が高いということで現場での評価も高くなります。

カリキュラムは3年間となっており、この中で試験に合格するために必要なことを学んでいくのです。 ただ、看護専門学校に入れば100%看護師の資格が取得できるというわけではありません。 学校を卒業した上で2月に行われる国家試験に合格し、ここでやっとを看護師資格を取得できるわけですね。

看護師の資格を取得した後はすぐに働き始める方も多いのですが、保健師や助産師といった看護師資格を取得した後に目指せる職業を望んでいる方は、保険学校や助産師学校に進学する形になるでしょう。

専門学校で学ぶことを検討している方は、まずはどのような学校を望んでいるのか考えてみると良いですね。 国立や公立のほか、日赤、社団法人など実に様々な学校があります。 気になっている学校がある方は各学校のホームページなどを確認し、特徴をチェックしてみましょう。

どのようなことが学べるのか、なにに力を入れているのかなどを確認できれば自分にとって最適な学校を見つけることができるでしょう。

今通っている高校の先生に相談をするというのもおすすめです。 資料なども確認し、失敗のない学校選びをしたいですね。 他には、卒業生の話を聞くというのもおすすめです。 専門学校に進んだ知り合いがいないということであれば、先生に紹介してもらうのも良いでしょう。

ページの先頭へ