看護師転職の履歴書や職務履歴書の書き方

転職をすることになったので履歴書を用意しなければならない、けれど具体的にどのようなことに注意して書けば良いのか分からない…という方もいるはずです。

そこで、履歴書と職務履歴書を作成する際のポイントをご紹介します。

まず、丁寧に書くことが大切です。 字にはあまり自信がないという方もいるかもしれませんが、丁寧に書いていれば多少下手でも問題ありません。 殴り書きのような字を書くと、印象を悪くしてしまうので注意してくださいね。

慣れている面接担当者は、文字の癖からその人の性格を想像することがあるようです。 一つ一つバランスが取れているか、最後まで丁寧に書かれているかなどにも性格が現れるので注意してみましょう。

それから、書くことがないからといって空欄ばかりが目立つとやる気がないのではないかと思われることがあります。 とにかく空欄を埋めることが大切なのでしっかりアピールしてみてください。

履歴書によっては長所や得意分野を記入する欄もありますよね。 こういったポイントも丁寧に埋めましょう。

長所や特技に関する欄は面接中に面接官が確認し、話の話題になることもあります。

ただ、看護師の仕事や医療の業界にとって全く関係がないことを書いたとしてもそれほど響かないので、その長所や得意分野をいかに仕事中で生かすことができるのかまで書ければさらに好印象を与えることができるでしょう。

続いて職務経歴書についてですが、こちらもこれまでの自分の経験をアピールするために重要な書類となります。 ただ、できるだけ自分を良くしようと思って嘘を書くのは良くありません。

場合によってはそれがバレてしまう可能性もあるので、デメリットの方が大きいといえるでしょう。

誰でも書けるような職務履歴書ではなく、その仕事をした中でどのようなことを学んだのかなども、まとめられると魅力のある職務履歴書になります。

ただの必要書類だと考えてしまうと、適当に作成してしまう方もいるかもしれませんが、特に応募が殺到するような人気の求人では履歴書と職務履歴書の質が採用に深く関わってくるでしょう。

ページの先頭へ